崖のいちご

もし、人間が自分の事しか知らなかったら…

それほど悩む事などないのでしょう。SNSなどで人の様子がそれとなく知れてしまう時代、人の悩みは絶えません。

昨日、SNSでも、Facebookでも繋がっているけれど一年話した事がない仕事の先輩と通話をしました。お互い時間があった事もあり、いろいろ話していると知らなかった事がたくさんありました。

当たり前なのですが、SNSになんでもかんでも投稿する人と、そうではない人がいます。表に出てきている情報ではわからない苦労、幸せなどもその人は経験しているのです。

幸せなとき、「幸せだー!」と周りに声を大にして言うタイプもいますが、そうでなくひっそりと自分の喜びを噛みしめている人もいます。

しかし、自分が落ち込んでいる時にタイムラインに他人の幸せのニュースが流れてきてさらに落ち込む人は多いのではないでしょうか。一緒に喜んであげれれば一番健全なのですが、そこまで体力がないときもありますよね……。

そんなとき、「一般的な他人の幸せ」というものを絶妙に表現している本を読みました。

ある人が虎に追いかけられていて…

その人は必死に逃げていたのですが、前方は断崖絶壁。逃げ場がないかと思われたのですが、崖にはツタが這っており、下に降りられそうな事に気が付きました。

後ろからは虎が来ています。急いでツタにぶら下がると、そのツタは思ったよりも短く……下に降りられないじゃないか!

困っていたところ、さらに最悪な事に下からも虎がやってきてしまいます。上も、下も虎に囲まれて絶体絶命のピンチ!

そんなとき、ツタにぶら下がりながらふと崖の横を見ると美味しそうなイチゴが…

その人は喜び、イチゴをとって食べます。あぁ、なんて美味しいのだろう…

・・・なんの話をしているのか、というと、このイチゴこそ「一般的な幸せ」だそうです。

上からも下からも、虎がきていて崖にぶら下がっているような不安定な状態で、目の前の誘惑に浸っている……

あなたが羨ましいと思っている人も、本当はこのイチゴのワンシーンを切り取ったにすぎないかもしれないのです。

その人の苦労はその人にしかわかりません。

冷静になれれば、そんな危ないところでたまたま見つけたいちごを食べるよりも、まずは虎を追い払って安全な場所に逃げる事が大切なのだと思いますが……

そういったことは味気ない、つまらない、とあまり興味をそそられないのかもしれません。

本当の幸せはもっと穏やか

華々しい幸せには苦労が付き物です。でも、世の中にはそんな危険な幸せばかりではなく、自分の身の丈にあった自分らしい穏やかな幸せも待ち受けています。

そうした人たちは、どこかひっそりしていて、嵐のような世の中で人知れず穏やかに過ごしているものです。

そんな人はいない!みんな大変なんだ!全く知らない!信じられない!という人はまだ自分の信じたトンネルの中にいて外の事を知らないのかもしれません。

私も以前は自分も自分の周りも苦労や苦痛ばかり受けていました。世の中全体がそうなのだと思い込んでいました。でも、そうではない穏やかな人たちも世の中にはたくさんいる事がわかりました。

そうした人に、生き方に少しでも目を向けて、そうなりたい人はぜひ穏やかに生きていってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA